小陰唇縮小といったコンプレックス解決法を知る|解決して明るい生活

女性

生理中に気をつけたい

寝そべる女性

女性は生理が訪れた際は下着にナプキンを貼り付け血が漏れないようにしています。このナプキンの能力はとても高く、どんな多い経血でも受け止めてくれて月経になっていることも気にならない生活を送れるようにしてくれているのです。しかし、そんな便利なナプキンであってもトラブルが起きないわけではありません。特に敏感肌になっている人はナプキンかぶれを起こしてしまう人もいるのです。生理中はホルモンバランスも動きやすいので、普段はあまり敏感肌でない人でもかぶれてしまう人もいます。自分の体調やナプキン使用時のケアの方法を把握し、ナプキンかぶれの予防と対処方法を学んでいくことが大事です。ナプキンかぶれが起こってしまう原因としてはムレと摩擦が原因です。

赤ちゃんもオムツをしているとかぶれてしまうように、ナプキンをしていると陰部の湿度が高くなります。湿度が高くなると肌のバリア機能も弱まってきて傷つきやすくなるので、できるだけ湿度を低くすることに努めることが大事なのです。陰部の湿度を低くするためにはナプキンはこまめに変えましょう。同じナプキンを使い続けていると当然経血もたまり湿度が高まるので、経血だまりによる高湿度を避けるためにもこまめなナプキン交換が必要不可欠なのです。これを行なえばかぶれを防ぐだけでなく臭いも防止することができるので覚えておくと良いです。最近では綿100%のナプキンも販売されているので、通気性に関しても解決策が提示されています。