F1観戦ツアーを利用してベルギーGPを現地で観戦しよう

F1を観戦してみよう

最近では海外へ旅行に行くのは一般的になりました。色んな場所を観光するのも楽しいですが、F1を観戦するのも特別な体験ができてとても楽しいです。海外でF1を観戦したい場合、海外旅行に慣れないうちは観戦ツアーを利用するとよいでしょう。なお観戦する際は必ず持参しなくてはいけないアイテムがあります。

観戦時に必ず持っていくべきもの

no.1

観戦チケット

1番重要なものです。いくら準備万端でもこれを忘れてしまったら中に入ることができません。せっかくF1観戦ツアーを利用してベルギーに来たとしても忘れてしまっては元も子もないので海外旅行へいく際は必ず忘れないようにしましょう。またホテルから現地へ行く際もホテルの部屋を出る前に入念にチェックしておくことも大切です。

no.2

パスケース

1位に次いで大事なアイテムです。観戦チケットは無くしてしまうと再発行はできません。観戦チケットは無くしやすいため、それを防止するためにもパスケースに入れておくことが重要です。また海外のF1GPはセキュリティが厳しいためかなりの頻度でチケットの提示を求められますので、出しやすいようにパスケースを首からかけておくと良いでしょう。

no.3

スマートフォン

情報収集をするために必要不可欠なアイテムです。また情報収集をしているとバッテリーが消耗しやすいので、バッテリーが切れないようにモバイルバッテリーも併せて持っていくようにしましょう。すぐ使えるようにモバイルバッテリー自体の充電も忘れずに前もって済ませておくことも重要です。

no.4

雨具

雨に濡れてしまうと体が冷えてしまい体調を壊しやすくなります。また屋根がない観戦エリアもあるため雨具は忘れないようにしましょう。傘だと他の観戦客に迷惑がかかるためレインコートを着用するのが最低限のマナーです。

no.5

着替え

汗をかいてしまったり雨に濡れてしまった場合に必要です。最低でも1、2枚は持っていくと安心です。また着替えと一緒にタオルも持っていくようにしてください。

F1観戦ツアーを利用してベルギーGPを現地で観戦しよう

F1

荷物は極力減らす

サーキット内は予想以上に広いです。そのため移動するのに時間がかかります。荷物が重いと肩や足が痛くなったり体力を多く消耗したりしてとても疲れます。必要最低限のものだけ持っていくことにより体力が温存できて移動も楽になるでしょう。また荷物を減らすことによりどこに何があるのか把握しやすくなり紛失防止にも繋がります。

日焼け対策をする

F1のベルギーGPは8月あたりの時期に開催される場合が多いです。ベルギーの8月は日本と同じ夏の時期のため気温が30度以上になることも珍しくありません。そのため日焼けしないよう様々な対策を講じる必要があります。サングラスの着用や日焼け止めクリームを塗るのを忘れないようにしましょう。なお現地にはレーシングキャップも販売していますので、帽子を忘れたとしても安心です。

アプリを活用する

F1の現地観戦は生でレースの迫力を体感できるのが魅力なのですが、レースの情報が手に入りにくいという難点があります。せっかくの観戦でもレースの状況が分からないと楽しさも半減してしまいます。そのようなに便利なのがF1公式のアプリです。このアプリを利用すればリアルタイムでレースの状況を確認することができます。

F1観戦ツアーに参加した方の感想

サインをもらうことができました!

応援しているドライバーがベルギーGPに出場していたので現地で観戦していました。するとサイン会を実施するとのことで迷わず参加しました。一生の宝物です。

時間には余裕をもったほうがいいです

思った以上にセキュリティが厳しかったのでサーキット内に入るまで時間がかかってしまいました。今後観戦するときは早めに行動するようにします。

夏でも朝は寒いです

F1を観戦するためにベルギーへ行ったんですが、朝外に出てみるとかなり寒かったです。防寒着は持参しなかったので後悔しました。今度からは長袖を持っていくことにします。

コースを歩くことができますよ

私が観戦ツアーに行った時は、コースが解放される日でした。お陰でドライバー目線ではどのような雰囲気なのか体験することができました。

広告募集中